包茎を自分で治す>>包茎矯正グッズ「キトー君」<<

Top >  包茎 >  包茎を矯正する

包茎を矯正する

包茎を矯正する事は、包茎手術に比べて、人間の自然な機能を手助けして、包茎を直す方法と言えます。
包茎は生まれた子供が包茎であるように、ごく自然な事です。
成長するに従って、ペニスも大きくなり、亀頭を覆う包皮が広がって、亀頭が現れやすくなるのが自然の営みと言えるでしょう。

包茎を矯正するためには、医師の指導を仰いで、正しく行なうことが原則ですが、それさえ守れば簡単です。
ただし物理的に包皮を伸ばしたり、広げたりするわけですから、痛みが伴います。
力ずくで無理すると、包皮を損傷して出血し、感染症など恐れがありますから。
無理は厳禁です。

包茎を矯正する場合、ほとんどの人は、通販や雑誌の公告で訳も分からず、グッズや矯正器具を買い求めて、不衛生なままに包茎矯正を行い、感染症や亀頭の浮腫になって、病院に駆け込むことが多いです。
また医療費がかからない為、金儲け主義の専門医は、包茎の矯正を積極的に勧めないのも、事実です。

包茎手術が包茎治療の主流になっている背景には、アメリカ医療の影響と医療機関の営利主義の姿勢があります。
最近ではアメリカでも、一旦行なった包茎手術の回復手術が行なわれるケースが増え、包茎手術に対する見直しが進んでいます。
日本においても包茎矯正などの自然な治癒力を利用した、治療法が奨励されてしかるべきです。

包茎

包茎手術は、思春期になって包茎の症状がハッキリしてから行なうべきとする見解が、日本の医師の間では大勢です。
包茎に対する正しい知識を身につけるには、専門医に相談するのが最良です

関連エントリー

包茎治療について 包茎を矯正する 包茎を直すために 短小と包茎の因果関係 真性包茎の症例 子供の包茎について 仮性包茎の定義 包茎の直し方について カントン包茎と真性包茎との違い