包茎を自分で治す>>包茎矯正グッズ「キトー君」<<

Top >  包茎 >  短小と包茎の因果関係

短小と包茎の因果関係

短小と包茎の因果関係は、ペニスの陰茎海綿体と言われる内部組織の成長に由来します。
仮性包茎や真性包茎、カントン包茎いずれにしても、包茎である限り、亀頭が露出することが勃起時以外にないため、外部からの刺激を受ける機会が少なく、その結果陰茎海綿体の成長を妨げると言う見解もあります。

包茎だから短小だと、一概に断定する事は出来ませんが、一般的には包茎であれば、短小になりやすいのは事実です。
子供のペニスを見れば、小学生ぐらいの子供のペニスはほとんど包茎です。
思春期を迎えるまでに、ペニスが成長し、包茎も改善されますが、ペニスが大きくならない場合は、包茎も直りません。
卵が先か鶏が先かと同じで、包茎が先か短小が先かと言った密接な関係が有ります。

短小と包茎は密接な関係にあり、主に主原因は包茎に有ります。
包茎が改善されることで、短小も改善されますが、包茎治療を受ける年代により、その効果は違ってきます。
包茎がペニスの成長に影響して、短小になるわけですから、ペニスの成長期に包茎治療を行なうことが望ましいです。

短小包茎で悩んでいる方は、深刻にならずに、早目に専門医に相談して、治療を受けられることをお勧めします。
年齢が若ければ若いほど、包茎手術で、短小改善の期待度は高くなります。
何より短小包茎で一生悩まれることは、精神衛生上よくありませんし、SEXを十分楽しむ事も出来ません。

包茎

包茎手術は、思春期になって包茎の症状がハッキリしてから行なうべきとする見解が、日本の医師の間では大勢です。
包茎に対する正しい知識を身につけるには、専門医に相談するのが最良です

関連エントリー

包茎治療について 包茎を矯正する 包茎を直すために 短小と包茎の因果関係 真性包茎の症例 子供の包茎について 仮性包茎の定義 包茎の直し方について カントン包茎と真性包茎との違い